本サイトでは、お客様に快適にご利用いただくためにクッキーを使用しています。

中国本土の旅行時の注意点!LINEやGmailを使う方法とは?

中国本土へ旅行や出張に行く際、注意したいのがネット検閲です。これにより、LINEやInstagram、Twitter等のSNSやGoogleのサービスが中国では使えないようになっています。今回は本来中国で使えないSNSやアプリの紹介とそれらを日本にいる時と同じように使う方法について、解説していきます。

目次

中国本土にはネット規制がある!

中国本土にはネット規制がある!

中国本土でSNSやGoogleのサービスが使えない理由は、中国政府によって「ネット規制」が行われているからです。中国本土では、グレートファイアウォール(金盾)と呼ばれるシステムにより、政府がインターネットの検閲やサイトの監視を行っています。このシステムは、中国本土の有名スポット万里の長城(グレートウォール)にちなんで名づけられました。
ネット規制の目的のひとつに、中国本土に海外の情報が流れ込むことを防ぐためというものが挙げられます。そのため、ネット検閲の厳しい中国本土ではLINE・Instagram・Twitter等の海外のSNSサービスや、GoogleやYouTubeのような海外企業のサービスが使えないという現状があります。

中国本土で使えないSNSやアプリは?

中国本土で使えないSNSやアプリは?

では、具体的にどんなSNSやアプリ、インターネットのサービスが使えないのでしょうか。答えは、中国本土から見て「外資系となるサービス」です。つまりサービスを提供する企業が中国本土のものではない場合、中国政府のネット規制対象になる可能性が高いといえます。
下記に日本人が良く使う、けれども中国本土では使えないSNSやインターネットサービスの一部をまとめました。ぜひ旅行や出張前にご確認ください。

中国本土で使えないSNSやインターネットサービス一例

  • LINE
  • Instagram
  • Twitter
  • Facebook
  • Skype(有料版を除く)
  • Google MapやGmail、検索エンジン等のGoogleサービス
  • Yahoo!検索
  • YouTube
  • ニコニコ動画

中国本土でも日本にいる時と同じくSNSやアプリを使う方法

中国本土でも日本にいる時と同じくSNSやアプリを使う方法

前述でご紹介したSNSやアプリ、インターネットサービスは使い慣れているものが多く、中国本土で使えないと不便という方もいらっしゃることでしょう。そこで、これらのSNSやインターネットサービスを中国本土でも使える方法を3つご紹介します。渡航期間や用途に合わせて、使い分けましょう。

方法① レンタルWi-Fiを利用する<おすすめ>

方法①は、中国本土で利用可能なWi-Fiをレンタルすることです。Wi-Fiルーターとお手持ちのスマホを繋げるだけで簡単にいつも通りSNSやインターネットが使えます。複雑な設定なしで利用したい方や、家族や友人とシェアして使いたい方にもおすすめです。

レンタルWi-Fiの場合、中国本土でSNSやアプリを使えるプランかどうか、確認をしておきましょう。提供事業者によっては、「中国VPN*」といった有料オプションや、「特別回線」といった通常より割高な専用プランを選択しないと利用できないケースもあります。

テレコムスクエアの海外Wi-Fiレンタル「WiFiBOX」なら、追加オプションや特別料金無しでお得に中国本土で制限なくSNSやインターネットを利用できます。

WiFiBOXのお申し込みはこちらから

*VPNとは?
VPN(Virtual Private Network)とは、インターネット回線に仮想の専用回線を設ける仕組みのことです。Wi-Fi機器に設定を登録することで、中国現地でも合法的にパソコンやスマートフォンで安心・安全にSNSなどが利用できます。従来のWi-Fiレンタルでは、日本と同じように中国でインターネットを使うには、VPNオプションを申し込む方法が主流でした。

方法② 香港用プリペイドSIMカードを使う

方法②は、香港の通信会社が販売しているプリペイドSIMカードを通販サイトなどで事前購入し使用することです。まずはご利用予定のスマホのSIMロックが解除されているか確認しましょう。中国現地に到着後、購入したSIMカードを入れ替えれば、LINEもインターネットも使うことができます。ただし、レンタルWi-Fiよりも設定の手間がかかることやスマホの対応機種に制限があることなど、注意すべき点もありますので、ご注意を。

方法③ 海外ローミングを利用する

方法③は、中国本土到着後に海外ローミングを利用することです。大手キャリアのユーザーであれば、中国本土に到着後スマホを利用開始すると通信が自動で海外ローミングに切り替わります。これにより設定なしでSNSやインターネットを使うことができます。ただし、海外ローミングは短時間の利用でも高額になる可能性が極めて高いため、おすすめしません。どうしてもという場合を除き、基本的に中国本土含め海外旅行時はモバイルデータ通信をOFFにしておきましょう。

まとめ

今回は中国本土のネット規制とその影響で使えないSNSやインターネットサービスについてご紹介しました。レンタルWi-FiやSIMカード、海外ローミングの3つの方法で、日本にいる時と同じようにLINEやTwitter、Googleのサービスを中国本土でも使いましょう。