本サイトでは、お客様に快適にご利用いただくためにクッキーを使用しています。

海外旅行中レンタルWi-Fiで自分のスマホを使う時の注意点

レンタルしたWi-Fiを海外旅行先で繋ごうとした時「スマホの設定何かしなきゃいけない気がするけど何だったっけ...」となったり、Wi-Fiルーターを借りて行ったのに現地でスマートフォンを使ったら高額の料金が発生してしまったりと、海外旅行時のスマホの設定方法について、不安な方も多いはず。
この記事では、「これさえ確認すれば安心!海外旅行中レンタルWi-Fiで自分のスマホを使う時の3ステップ」についてご紹介します。

目次

STEP1:データローミングをOFFにしましょう

STEP1:データローミングをOFFにしましょう

データローミングをONにしておくと、海外でも自動的に通信が行われ、高額のパケット料金が請求されてしまう場合があります。iPhone・Android等のWi-Fi対応携帯電話やタブレットをご利用の方は、データローミング機能を必ずOFFにしましょう。

【iPhoneの設定方法】

「設定」→「モバイル通信」→「モバイルデータ通信」→「オフ」に設定

【Androidの設定方法】

「設定」→「無線とネットワーク」→「モバイルネットワーク」→「データローミング」→「OFF」に設定

STEP2:iCloudの設定を解除しましょう

STEP2:iCloudの設定を解除しましょう

Apple製品(iPhone、iPad等)をご利用の方は、iCloudがオンになっていると、意識せず大容量通信となってしまう可能性があります。そのため、iCloudの設定を必ずオフにしましょう。

【設定方法】

「設定」→「iCloud」→「メール」や「連絡先」等すべての項目を「オフ」に設定

STEP3:機内モードをONにしましょう

STEP3:機内モードをONにしましょう

多くのスマートフォンの場合、国際ローミングに対応しているため、海外でも通話が可能です。しかし、海外での通話料金は国内より割高となります。また、着信でも料金がかかりますので注意が必要です。海外で通話をしない場合は、「機内モード」に設定してください。

【iPhoneの設定方法】

「設定」→「機内モード」→「オン」に設定
なお、コントロールセンターからもすぐに設定可能です。

【Androidの設定方法】

「設定」→「ネットワークとインターネット」→「機内モード」→「ON」に設定
なお、クイックメニューからもすぐに設定可能です。

まとめ

海外旅行時には

  1. データローミングをOFF
  2. iCloudの設定を解除
  3. 機内モードをON

の3ステップを設定し、安心してご自身のスマホを使いましょう。