本サイトでは、お客様に快適にご利用いただくためにクッキーを使用しています。

1時間で何ギガ使う?Wi-Fiレンタル時に役立つデータ容量の目安をご紹介

Wi-Fiをレンタルする時、使いたいデータ容量別のプランから選ぶことがほとんどです。しかし、「自分が普段1時間で何ギガ使っているのか覚えていない」や「1ギガで何がどれだけできるのかわからない」といった声をよく耳にします。

そこで今回は、現地の工場視察に訪れた海外出張者Aさんと世界遺産巡りが好きな海外旅行者Bさんのスマホ使用方法と使用データ容量をご紹介!ぜひ皆さんがどのデータ容量プランにするかの参考にしていただければと思います。

目次

現地の工場を視察に行く海外出張者Aさんのデータ容量目安

現地の工場を視察に行く海外出張者Aさんのデータ容量目安

Aさんは現地の工場視察のため、6泊7日の海外出張に訪れています。本社とのやりとりにはTeamsやSkypeのチャットを使い、ビデオ通話でオンライン会議に参加しています。毎朝世界のニュースに目を通すため、インターネットは欠かせません。そんなAさんは、この海外出張で何ギガのデータ容量が必要になるのか、見ていきましょう。

ZoomやSkype等ビデオ通話のデータ容量目安

海外出張中もオンラインで会議を行うことの多いAさん。
Zoomでビデオ通話を行った場合、1時間で約600MB消費するとされています。なお、音声通話のみだと容量はグッと減り、1時間で約40MBの消費となります。

一日に3時間はZoomでオンライン会議に参加するAさんは、海外出張中のビデオ通話だけで5GB以上ものデータ通信量が必要になります。

一方、Skypeでビデオ通話を行った場合は1時間で約250MB、音声通話のみだと約40MBのデータ容量を使用します。

TeamsやSkypeでのチャット送受信のデータ容量目安

チャットでやりとりをする場合、1時間で約30MB消費します。
さらに、会社のファイルサーバーにアクセスして資料を送信する場合、ファイルの大きさによっても左右されますが、アクセス時にも送信時にもデータ容量を大きく消費することがありますので、注意が必要です。
Aさんの場合、1日合計2時間チャットでやりとりをするため、海外出張中は合計500MB使用しました。

インターネットでページを閲覧した時のデータ容量目安

Aさんは、会議のネタや最新のニュースをインターネットで集めることが日課です。
サイトによって、画像の多さや文字の量、ページ数によって読み込んでから表示するまでにかかるデータ通信量は異なります。仮に1時間で全4ページある記事を10読んだ場合、10MB消費すると言われてます。

Aさんは、毎日4ページほどあるニュース記事を20記事ほど読むため、海外出張中のインターネット閲覧で約140MB使用しました。

データ使用方法 1時間のデータ消費量
Zoomビデオ通話 600MB
Zoom音声通話 40MB
Skypeビデオ通話 250MB
Skype音声通話 40MB
TeamsやSkypeでチャット 30MB
インターネット閲覧 10MB

世界遺産巡りが好きな海外旅行者Bさんのデータ容量目安

世界遺産巡りが好きな海外旅行者Bさんのデータ容量目安

世界遺産を一人で巡ることが大好きなAさん。今回も6泊7日の海外旅行へ向かいます。旅の思い出をSNSで発信したり、初めて訪れるお店を地図アプリで探したりと、スマホは必需品です。また、動画配信サービスで映画やアニメを観るのが趣味なので、どのくらいのデータ容量プランを準備したら良いか、迷っています。

SNS(LINE・Twitter・Instagram)利用時のデータ容量目安

Bさんは、メールよりもLINEで連絡を取ることが多い人。
LINEは1時間で、ビデオ通話の場合約300MB、音声通話の場合約20MBのデータ容量を使います。また、文字だけでチャットするのであれば、1時間で約20MB消費します。

さらに、Bさんは旅の思い出を発信したり、到着国・地域のグルメやお土産について調べたりといったことにTwitterやInstagramを活用しています。

Twitterの場合、文字のツイートだけでなく、写真や動画の投稿も多いため、見ているツイートによってデータ容量が異なります。ただし、文字数の制限が全角140文字、動画時間の制限が140秒であることから、膨大なデータ容量を消費することはないと言われています。

一方Instagramの場合、写真や動画の投稿・閲覧が主となっているため、Twitterよりも消費するデータ容量が多いとされています。投稿内容によって左右されますが、目安として1時間で約60MBほど使うという認識を持っておくと安心です。

動画閲覧時のデータ容量目安

Bさんの趣味は、動画サイトで映画やアニメを観ることです。近年では様々な動画配信サービスが普及し、大容量のデータ通信需要が高まっています。では、動画閲覧にかかるデータ容量はどれほどのものなのでしょうか。

動画をHD画質(高画質)で観る場合、1時間で約3GBを使いきってしまいます。このため、海外旅行中でも動画を観る場合は、画質を落としつつ大容量や無制限プランのWi-Fiレンタルがおすすめです。

GPSマップを使った地図検索時のデータ容量目安

Bさんは、海外旅行先で行きたいお店に向かう時、地図アプリを使います。
地図アプリの場合、1時間で約5MBほどのデータ容量を消費します。しかし、出発地から目的地までたどり着くまでの間もデータ通信を行っているため、目的地が遠いほどデータ容量の消費も早まりますので、ご注意ください。

データ使用方法 1時間のデータ消費量
LINEビデオ通話 300MB
LINE音声通話 20MB
LINEでのチャット 20MB
Instagram 60MB
HD画質での動画鑑賞 3GB
地図アプリ利用 5MB

データ容量の使い過ぎにご用心、FUP制限とは?

データ容量の使い過ぎにご用心、FUP制限とは?

FUPとは、Fair Usage Policy(フェアユーセッジポリシー)の略です。これは、皆が公平にインターネットを利用できるよう、一時的にインターネットを使いすぎているユーザーに対して、現地の通信会社の判断で速度制限をかけたり一時的にインターネット通信ができなくしたりすることです。1日中動画会議に参加する、動画視聴を続けるなどの使い方をすると、速度制限がかけられてしまうことがありますので、使い過ぎにはご注意ください。

まとめ

この記事では、スマホの利用方法別の消費データ容量についてご紹介しました。利用頻度の高いビデオ通話や動画の閲覧には多くのデータ容量が必要です。またSNSの普及により、一人あたりの使用データ容量が増えていることから、海外用Wi-Fiをレンタルする時は、データ容量無制限プランなどを選択し、海外でも安心してスマホが使える通信環境を準備しましょう。